顎ニキビの正しい治し方まとめ

一度出ると、繰り返すことの多い顎ニキビ。その負のサイクル、ここらへんで断ち切りませんか?いままでと同じことをしていては、このまま顎ニキビと付き合っていくことになりますよ。

手順を守ってスキンケアすれば、回復が期待できます。

目次

1. 顎ニキビに勝つ!正しいスキンケアを学ぼう~洗顔編~

①ぬるま湯で軽く汚れを洗い流す

②洗顔の泡立てをする

③泡を肌に押し付けるように洗う

④ぬるま湯で洗い流す

2. 顎ニキビに勝つ!正しいスキンケアを学ぼう~保湿編~

①化粧水で肌に水分を補う

②化粧水で補った水分を逃さないように、乳液でフタをする

③プラスすると効果アップ!美容液

3. 顎ニキビを正しく治すための方法まとめと生活で気を付けてほしいこと

 

 

顎ニキビに勝つ!正しいスキンケアを学ぼう~洗顔編~

shutterstock_252923023

ニキビは、皮脂が原因。とにかく、アブラを洗い流すことが先決!
このような意識、ありませんか?

確かに、ニキビが出る原因の一つに皮脂のつまりがあり、それを洗うことは正しいケアと言えます。ただ、程度とその先が大切。

顎ニキビを治すには、正しい洗顔を一日の終わりに

一日の終わりに、その日肌に蓄積した皮脂や、メイクを落とすための洗顔ですが、洗いすぎはお肌に必要な皮脂や、うるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)まで洗い流してしまうことになります。

洗顔後の十分な保湿をもってしても、ダメージを受けたお肌の回復には、数日要します。余分なものは洗い流し、洗いすぎない、理想の洗顔をお伝えします。

①ぬるま湯で軽く汚れを洗い流す

余分な皮脂が落ちて洗顔料がお肌になじみやすくなります。熱湯だと必要な皮脂まで落ちてしましますので、ご注意を。また、逆に冷たい水は毛穴を引き締め、閉ざしてしまいますので、皮脂が落ちにくくなります。

②洗顔の泡立てをする

洗顔クリームはしっかり泡立てします。泡立てて使用することによって、泡が汚れを吸着し、肌への負担が減ります。

③泡を肌に押し付けるように洗う

ごしごしは禁物。ホイップクリームのような弾力のある泡でしっかり泡を押し付けるように洗うことが大切です。指がお肌に触れないようにくるくるとマッサージします。

④ぬるま湯で洗い流す

しっかり汚れを、ぬるま湯で洗い流します。ここで洗い残しがあると、ニキビの原因になります。

 

顎ニキビに勝つ!正しいスキンケアを学ぼう~保湿編~

shutterstock_252234967

 

しっかり汚れを落とした後は、保湿をします。ニキビを根本的に治すには、保湿!保湿!保湿!なのです。

①化粧水で肌に水分を補う

化粧水でお肌に潤いを与えましょう。化粧水は、手のひらに出し、両手に広げます。コットンでパッティングすると、繊維の刺激で肌を傷つけることがありますので、手のひらで包み込むようになじませることをおすすめします。

②化粧水で補った水分を逃さないように、乳液でフタをする

化粧水と同様に、手のひらに広げた乳液を顔になじませます。乳液は、化粧水で補った水分を逃がさないように、フタする目的でしようします。せっかく化粧水を大量につけても、乳液をつけなければ水分は蒸発してしまいますので、化粧水あとの乳液は、お忘れなく。

③プラスすると効果アップ!美容液

化粧水・乳液に、美容液をプラスすることで、より顎ニキビの治りに貢献できます。皮脂分泌をコントロールする「ビタミンC誘導体」や肌のバリア機能を回復する「セラミド」などが含まれていると、ニキビ治療に役立つ成分を補うことが出来ます。

 

顎ニキビを正しく治すための方法まとめと生活で気を付けてほしいこと

正しいスキンケアを行って、顎ニキビを治し、きめの細かい肌を作っていきましょう。

他にも、日中ダメージを受けたお肌は、質の良い睡眠や食事で回復します。日ごろ、改めたいけれど放置していた生活の問題に向き合うきっかけをニキビが与えてくれたと思って、健康生活を心がけましょう。

習慣は、身につけるときは苦痛を伴います。しかし身についてしまえば、何の苦も無くできるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です