ニキビの出現場所からわかる、あなたの体調(年齢とも合わせて)

――――きゃあ、ニキビが出てきちゃった。スキンケア強化しなくちゃ!
本当に、スキンケア強化だけで大丈夫でしょうか。あなたの体調と年齢も考えて、ワンランク上のケアすべき場所を、学びませんか。

目次

1. 思春期ニキビと大人ニキビ 年齢で変わる原因と特徴

2. ニキビの出現場所で読み解く あなたの体内で鳴り響くサイレン

 

思春期ニキビと大人ニキビ 年齢で変わる原因と特徴

shutterstock_258825770

 

「二十歳になったら吹き出物」というように、若い方のニキビと大人のニキビは違うことを認識されている方も多いかと思います。具体的にどこが違うか、解説していきます。

10代に多い 思春期ニキビ

思春期ニキビとは、10代の思春期に出現するニキビのことです。
原因は、皮脂が多すぎて毛穴がつまるためです。思春期に必要な成長ホルモンは皮脂の過剰分泌を引き起こします。特徴は、オイリー肌に多く、顔中にできるということです。

思春期を終えると 大人ニキビ

大人ニキビとは、思春期を過ぎ大人になってから出現するニキビのことです。
原因は、毛穴の周りの角質が厚くなり、毛穴の出口をふさいでしまうためです。

思春期ニキビとは異なり、オイリー肌でなくても出現することが特徴です。毛穴をふさぐ角質肥厚(角質が厚くなること)が出現する原因は、不規則な生活リズム、飲酒や喫煙、ストレス、化粧品、食生活などがあり、一つに絞ることができないのも、大人ニキビの特徴です。

顔中にできる思春期ニキビに対して、大人ニキビは原因が様々なことから、部分的に出現することが多いようです。

 

ニキビの出現場所で読み解く あなたの体内で鳴り響くサイレン

shutterstock_164648459

 

「肌は内臓を映す鏡」と言われるほど、内臓の不調はお肌へ影響します。お肌が美しい方を見ると、健康的な印象を受けますよね。体の内側から輝く肌を手に入れるため、ニキビの出現場所と内臓の関係を知りましょう。

どうして内臓の不調が肌に出現するの?

大人ニキビの原因を一つに絞ることができないのは、前述の通りです。ニキビが、内臓にどう関わっているのかというと、不規則な生活リズム、飲酒や喫煙、ストレス、偏った食生活を続けると、体は疲れますよね。同様に、内臓も疲れるのです。

胃腸の機能が低下すると消化吸収の能力が低下しますから、消化しきれずに残った余分な栄養が毒素なって体の内側にたまり、必要な栄養素が吸収されないことで肌の機能が落ちてニキビとなって出現することがあります。

肝臓に疲労がたまると血液の浄化作用が落ち、老廃物の多いドロドロの血液になってしまうため老廃物を排除しづらくなるので毒素が対外に排出されません。この毒素も、ニキビとして出現することがあります。

ニキビの出現場所で推測する 不調な臓器

様々な原因で出現する大人ニキビですが、出現する場所により、ある程度不調な内臓を知ることができます。

サイレンその1 おでこに出現するニキビ▼ホルモンバランスの崩れ

おでこは皮脂の分泌量が極めて多く、大人になっても出現することが多い場所です。ホルモンバランスが崩れると、肌の生まれ変わりサイクルが乱れ、皮脂の分泌が過剰になって、毛穴がつまる原因となります。おでこに出現する大人ニキビは、体が生活の改善を求めているサインかもしれません。

サイレンその2 頬に出現するニキビ▼肝臓の不調

肝臓の機能が低下すると、頬にニキビができやすくなると言われています。特に肝臓で分解されるお酒は、肝臓を酷使しますので注意が必要です。毎日の肝臓酷使により、肝機能が低下して、頬のニキビを誘発させてしまいます。

サイレンその3 口周りに出現するニキビ▼胃腸機能の不良

口は消化器官の入り口であり、食道、胃、腸と直接つながっているため、これらの消化器官の不調はその入り口でもある口周りにも伝わってしまうようです。消化器官に負担をかけない食生活を心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。

スキンケアをしっかりしているのに、居座り続けるニキビにお悩みの方は、体の声に耳を傾けて、生活を改善するきっかけとなりますことを願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です